読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にっき YKOダンスカンパニー公演の練習1日目でした。 4月12日(土)・13日(日) 七ツ寺共同スタジオ(大須観音/愛知)

作品展・イベント出展など ライブペイントなど


今日はYKOダンスカンパニー第4回公演の練習、1日目でした〜

  • YKOダンスカンパニー 第4回公演  巡
    主催 YKOダンスカンパニー 七ツ寺企画

    構成・演出 鈴村由紀
    出演
    ダンス:杉町明子 鈴村由紀
    ペイント:タキナオ 鳥羽あゆみ ニシムラマホ のび  他

    音楽・演奏 川名洋行
    照明 則武鶴代
     舞台設営 柴田頼克
    写真撮影 構久夫
    宣伝美術 Hide ニシムラマホ
     制作 七ツ寺企画
    プロデューサー 寂光根隅的父

    日時
     2014年4月
    12日(土)午後7時30分開演★
     13日(日)午後3時開演☆
    ※開場は30分前、受付は1時間前となります
    ※両日ともアフタートークを行います
    ゲスト 
    唐津絵理(愛知芸術文化センター主任学芸員
    諏訪哲史(作家)

    会場 七ツ寺共同スタジオ名古屋市中区大須二丁目27−20)(地下鉄鶴舞線大須観音」2番出口徒歩5分、「上前津」8番出口徒歩10分)
     入場料 一般前売 2,500円 一般当日 2,800円
    学生前売   1,000円 学生当日   1,500円
    予約・問合せ 080-3067-6733(鈴村)  ykodance@nanatsudera.org

    【ツイッタ-】
    YKOダンスカンパニー @ykodance
    七ツ寺共同スタジオ @nanatsudera

    ワークインプログレス公演
    3月30日(日)17:00

    ●YKOダンスカンパニー 
     名古屋でソロ作品の発表を中心に活動してきた鈴村由紀が、七ツ寺共同スタジオの企画によりスタートしたカンパニー。ダンス以外の表現方法、例えば音楽演奏・ペイントも身体表現と捉え、積極的にコラボレーションを行っている。ソロで表していた世界観を多人数でどのように表現するか、そして言語ができる以前からある表現方法、ダンスの本質を探究。
    目標は”子どもが遊ぶ真剣さで舞台に立つ。”

    ●鈴村由紀(すずむらゆき)
    安室奈美恵の黒人バックダンサーに憧れストリートダンスを始める。一度ダンスを辞め、オーストラリアへ一年間ワーキングホリデー留学ののち、アジアをふらつき日本へ帰国、再びダンスとカポエイラを始める。2009年「アーツチャレンジ2009」にて、選考委員特別推薦を受け「next to the_。」を発表。最近は、即興ミュージシャンとのコラボレーションやソロ作品を作る等をして活動中。2010年より「ダンサーがもっと作品を発表できる場を」とのコンセプトで、3ヵ月に1回ペースでダンス公演「ハポンdeダンス」を企画している。(鶴舞KDハポンにて開催)


おおおお〜今回ペイントで参加させてもらうことになりました。
学生時代に友人の演劇を見に行った七ツ寺。舞台に立つとはなぁ…。


今回はダンスとペイントによるコラボレーションを更に押し進めたもので、
『共振から生まれるムーブメント』
2人のダンサーと多数のペインターによるライブ空間になります。


練習はクレヨンで描き描きしたりで、たのしかったなぁ〜。
絵にすることには努力や技術も必要で、そこで見失いがちになることもあるけど、
描くこと好きだなぁ〜〜としみじみ思う練習でした。


形が苦手なことがとてもコンプレックスであるけど、
それがそれで良い場があるんだなぁと思うと、世界の寛大さを感じる。。。


YKOさんの公演は2回ほど見ていますが、
型にはめるのではなくて、演者その人を大切にして組み立てられていて、
見ていて、豊かさとか、肯定感を感じたりもします。
ダンスはコンテンポラリーダンスというジャンルになるそうなのですが、
エネルギーを見たり感じたりするの好きなかたとか、
色調を楽しむ感覚にも似てて、抽象好きなひとにおすすめなんじゃないかな…
と思うのですけど、どうなんだろう〜。


練習序盤でどんな形になるか分からないですが、
せひものは試しで、興味のあるかたは予定をチェックしておいていただけたらうれしいです。


▽YKOさんについてのいろいろはこちらから読めます。
http://nanatsudera.org/index.cgi?field=6