読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「うみのおと」ありがとうございました! 2015.08.27-09.06 Gallery White Cube (丸の内/愛知)

作品展・イベント出展など ライブペイントなど

f:id:takinao:20150908153149j:plain
Gallery White Cubeさんでの展示「うみのおと」が無事に会期終了しました…!お時間つくってくださった皆さん、応援してくださっていた皆さん、本当にありがとうございました…!

f:id:takinao:20150908153026j:plain
お盆にいった岐阜県山県市北山。真っ青な空に、碧い川。深い緑に潜むもの。雨、霧、雲、全てがつながっている感じ。

f:id:takinao:20150908153021j:plain
奥の布の造形や、ワークショップの透明フィルムはWhite Cubeさんが素敵に展示してくださいました。自分だけでは不可能な展示。今回はちょっこし映像も投影です。

f:id:takinao:20150908153019j:plain

f:id:takinao:20150908153014j:plain
夜の海、静かな海、砂浜を歩いた記憶とか、散らばる貝殻とか、そんなのを思い出したり、想像しながら生まれた絵たち。普段はなかなか展示できない、このWhite Cubeというギャラリーだからこそ展示ができて、静かに向き合ってもらえるような絵も多かったと思います。これまでは感想としてなかなかもらえることはなかった言葉をきけたり、少しだけ、思い描いているところに近づけたような気がしてうれしかった。

f:id:takinao:20150908153034j:plain
会場ではワークショップも。ほんとにもりもり。

f:id:takinao:20150908153025j:plain
切りとられた景色。

f:id:takinao:20150908153030j:plain
以前にものづくり工房さんで制作させていただいたタイルたちも!

f:id:takinao:20150908153010j:plain友人撮影、津曲晴子さんダンスパフォーマンス。作品テーマから、自分の絵からのインスピレーション。つよく、そして、しなやか。言葉を用いないダンスという身体表現とそれにより振動する空気たち。津曲さんのダンスは、空気をまとっているような、まとった空気の振動がこちらに伝わってくるような。同じ空間を共有できることがすごく幸せです。

f:id:takinao:20150908153006j:plain
できあがったけしきのスナップでライト遊び!ひとが入ると遊びが生まれすごくたのしい。なんだか自分はこうしてひとと過ごしていきたいだけなんじゃないかと思わされます。

f:id:takinao:20150908153008j:plain
身体・音楽・光と、空間によるライブパフォーマンス。さざめく繊細なドラムの音と空間にうごめく身体。ミネさんの音、うわ〜〜〜って心地よくて、すごくよくて、ゆきおさんにもドキっとさせられて、ゆらゆらと画面にうつるこんぶはかわいいし、天井まで真っ白だから、拡散した光がとても美しいし、にやにやしている自分もいました。本当に幸せだったなぁと思います。そしてさまざまな方が集ってくださったのも、とてもとても幸せなことでした。うーん、あれは現実だったのだろうか?と思ってしまうな…。初めてこういった表現に触れるかたも多かったのではないかなと思うのですけど、それがまた、すごく嬉しいことでした。まず足を運んでもらえないと、何もうまれない。。。

盛りだくさんな2週間。ひとつひとつの出来事をあげだすとキリが無く、感謝してもしきれず…;; ありがとうという言葉だけでは足りないのですけど…… 皆さん本当にありがとうございました;;

展示をして作品を見ていただくということは、いただいたご感想や批評によって、無自覚であった自分を知ることができたり、個人的な感覚だろうと思い表現したものを、ひとと共有することができるんだ……という喜び。それによってまた次に表現する勇気をもらうことができたり……。その繰り返しにより気がついたら続けていて、また、今回も、この展示で、次の一歩に進む力をもらいました。

個展として空間の質をあげるにはどうしていくとよいか?自分は何が表現したいのか。どう表現していきたいのか。そんなことを考える2週間だったし、それが、お話できたり、見ていただくことで、少しずつ見えてくるような、意志をあらたに強めるような2週間でもありました。

絵も、ずいぶんといろんな方と出会うことができました…ありがとうございます…T人T何者でもない自分ですが、そんななかでいいなぁと思って絵をみてもらえるのは、見てくださるかたの感性だけで、こういう世界ではできる人が多いかもだけど、現実ではなかなか難しいことも多くて、だからものすごく美しく尊くて、大切にしていきたいことで、そしてそうしてつながっていけることはものすごく感動的だ………と思います………

「芸術は、存在するだけで感動を与えるもので、存在することが極めて難しいものだと思います。だから、ほんとうにありがとうございます。」という、今書いてても涙でそうですが……ジャケット描かせてくださった宮田サトシさんが、そんな言葉をくださいました。げいじゅつというとなんだか高尚な感じがして、ちょっと身構えちゃうところもあって、自分がやりたいのは、きっと身近な、生活と共にあるような、ただのものづくりと表現だと思うけれど、言ってもらった言葉のところすごく大切にしたいもので、けれど、本当に難しくって、ふと気を抜いたり、少しのことで、簡単に存在が崩れてしまうし、その道は常に見えていて、いつでも選べてしまう気もするし……。でも、自分がふれて感動するのは、もらった言葉のような存在のものだし、改めて、心に刻みました…………………u_u。。。。。

この展示から、得たもの見えたもの、またやってみたいし、一歩を踏み出す勇気もまたもらいましたし、何かしら続けていきたいと思いますので、どうぞまたタイミングがあいましたら、どこかで作品をご覧いただけましたらうれしいです…!!!
また、ここからスタートでがんばりたいと思います。

みなさま、本当にありがとうございました…!!